Xbox One ワイヤレスコントローラーは電池が無くても使える?

本日発表された「Xbox Controller + Cable for Windows」(4N6-00003)の仕様を拝見して気になったこと。

「ワイヤード コントローラーで信頼性の高い接続が可能です。バッテリーを交換する必要はありません。」との記述があります。

・・・・

バッテリーを交換する必要はありません」ですと?

・・・・

これはつまり。有線接続の場合は、バッテリーは不要と解釈して宜しいのでしょうか?

・・・・

4N6-00003と同じ、Windows 10のBluetooth接続に対応した、手持ちのTF5-00006(Xboxワイヤレスコントローラー ホワイト)でも、バッテリー無しで有線接続のできるかどうか、試してみました。


Bluetooth対応のXbox Oneワイヤレスコントローラーを、Windows 10のPCにUSBケーブルで接続

接続してみました。Xboxのロゴが白く点灯し、コントローラーを使用できる状態です。

電池ケースを開けてみると・・・・パカッ

電池は入れていません。確かに。バッテリーを入れなくても、有線でコントローラーが使えるようです。素晴らしい!


ええと。これはつまり。Xbox(One) ワイヤレスコントローラーは、2通りの使い方ができる、ということでしょうか。

  1. Windows 10のPCと、Bluetoothでワイヤレス接続して使える。この場合、バッテリーを入れる必要がある。
  2. バッテリーが無くても、USBケーブルでWindows 10と接続して使用できる。

「バッテリーを接続する端子がある」=「必ずバッテリーを入れなければならない」と思っていましたが。この製品は、「バッテリー入れなくても、有線で繋げば使えますよ」という自由度が高い製品のようです。

Microsoftさんのハードウェアの完成度恐るべし・・・


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク