x86_64版Ubuntu 18.04 Bionic Beaverをインストール


コンパクトなPC、Intel NUCにUbuntu 18.04 Bionic Beaverをインストールしたいと思います。

通常の一般的なPCへインストールする場合も同じ流れになります。


Ubuntu 18.04 Bionic Beaverインストール手順 x86_64


インストール用USBメモリー作成

別のPCで、Debianのネットワークインストール用USBメモリーを作成しておきます。

  1. Ubuntu 18.04 Bionic Beaverのインストールイメージをダウンロードします。Server版をダウンロードしてみました。
  2. ダウンロードしたイメージをUSBメモリーに書き込みます。Etcherを利用しました。

UEFI設定変更

NUC起動時、F2キー(機種によりDELキーの場合もあり異なります)を連打してUEFI設定画面を表示します。

次の設定を行いました。

  1. Boot Order→Legacy→Legacy Boot有効
  2. Boot Configuration→OS Selection→WindowsからLinuxへ変更

Ubuntu 18.04 Bionic Beaverインストール

  1. LANケーブルと、作成したUSBメモリーをNUCにセットして起動します。
  2. Install Ubuntu Serverを選択します。
  3. 言語を選択しますが・・・日本語がありませんので、Englishでしょうか。
  4. キーボードを選択します。
  5. Ubuntuまたはベアメタル・クラウドを選択します。通常のUbuntuにしてみました。
  6. ネットワーク設定、Proxy設定を行います。
  7. HDDのどの領域を使用するか選択します。HDD全体(Use an entire disk)を選択しました。
  8. パーティションを作成します。
    • 自動で作成されるEFI領域に512MB
    • swapに4GB
    • 残りを/(ルート)にしました。
  9. ユーザー名(名称とログイン名)、パスワードを入力します。rootユーザーは使用できないようです。
  10. パーティションの作成、ファイルのコピーが開始されます。
  11. 完了すると「Reboot Now」メニューが表示されます。

ホスト名、固定IPアドレス設定

  1. コンソールまたはSSHでログインします。
  2. /etc/hostnameファイルを編集してホスト名を設定します。
  3. IPアドレスを固定設定にする場合、/etc/netplan/50-cloud-init.yamlファイルを編集します。

  4. netplanコマンドで設定を反映します。

とりあえずインストールと最低限の設定を行った感じです。

さて。どんなアプリケーションをインストールしましょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク