x86_64版Debian Stretchをインストール


コンパクトなPC、Intel NUCにDebian Stretchをインストールしたいと思います。

通常の一般的なPCへインストールする場合も同じ流れになります。


Debian Stretchインストール手順 x86_64

インストール用USBメモリー作成

別のPCで、Debianのネットワークインストール用USBメモリーを作成しておきます。

  1. 必ずUSBメモリーはFAT32でフォーマットしておきます。
  2. UNetbootinで起動用USBメモリーを作成しました。
    • Debian
    • Stable_NetInstall_x64

UEFI設定変更

NUC起動時、F2キー(機種によりDELキーの場合もあり異なります)を連打してUEFI設定画面を表示します。

次の設定を行いました。

  1. Boot Order→Legacy→Legacy Boot有効
  2. Boot Configuration→OS Selection→WindowsからLinuxへ変更

Debianインストール

LANケーブルと、作成したUSBメモリーをNUCにセットして起動します。

基本的に画面の指示に従ってメニューを選択して行きます。

途中、WiFiドライバが無い警告が表示されました。有線LANアダプタは認識されているようですので「いいえ」を選択しました。次の内容を入力するかたちです。

  1. ホスト名
  2. ドメイン名
  3. rootパスワード
  4. ユーザ名とパスワード(ssh等、リモートログイン時に使用)
  5. ディスクのパーティショニング
    • 必ず内蔵のHDDを選択します。

インストール用のUSBメモリーがsda、内蔵HDDがsdbとして認識されています。この場合、USBメモリーを抜くと、内蔵HDDがsdaとして認識されるため、インストール後にLinuxがうまく起動しないパターンです。今の所、そのままインストールを進めてゆきます。

  1. ソフトウェアの選択
    • 標準システムユーティリティ
    • SSHサーバを選択しました。

  1. GRUBブートローダーのインストール
    • 内蔵HDDの/dev/sdbを選択します。

以上でインストール完了です。

USBメモリーを取り外して再起動します。


GRUB設定変更

再起動後、このような画面になった場合。GRUBブートローダーがHDDを認識できていない状況かと思います。

  1. CTRL+ALT+DELで再起動します。
  2. GRUB画面で「e」キーを押して、編集モードに入ります。キーボードが認識されない場合がありますので、その場合はキーボードのUSBを一度抜いて指し直します。
  3. 下から3行目、/dev/sdb1→/dev/sda1に変更します。
  4. F10またはCTRL+Xを押します。

これでDebianが起動するかと思います。次回から正常に起動するように設定ファイルを変更します。

  1. rootでログインするか、一般ユーザでログイン後suでrootユーザに変更します。
  2. /boot/grub/grub.cfgを変更します。/dev/sdb1を/dev/sda1に変更しますが、3箇所ほどあるようです。

    こちらのコマンドで問題がないか確認後

    -iで変更を反映します。

固定IPv4アドレス設定

IPアドレスを固定にしたい場合、次のように/etc/network/interfaceファイルを変更するようです。


Avahi-daemnインストール

IPv6で接続しやすいように、avahi-daemonをインストールします。

Windows 10やiPhoneから、<ホスト名>.localでアクセス可能になります。IPv6が利用できる環境では、<ホスト名>.localでIPv6接続も行えるかと思います。


Cockpitインストール

他のPCからWebブラウザで管理できるように、Cockpitをインストールしました。

次のURLでアクセス可能です。


以上で最低限のDebian Stretchのインストールが完了しました。

お疲れ様でした。

サーバとして利用したり、X Windows SystemをインストールしてデスクトップPCとして利用したり、いろいろな使い方ができるかと思います。

さて、何をインストールしましょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク