Windows 10 October 2018 UpdateにてRAMディスク作成 ImDisk Toolkit

先日、普段使用しているPCにWindows 10 October 2018 Updateを適用したところ、RAMディスクを作れなくなってしまいました。

新しいWindows 10 バージョン1809にて、何かRAMディスクを作るソフトウェアが無いか探してみました。

オープンソース・ソフトウェアのImDisk Toolkitを使用したところ、おうちの環境ではうまく作れましたので、設定等を記録しておこうと思います。


ImDisk Toolkitのインストールと設定

ダウンロード

ImDisk ToolkitはSourceForgeにてオープンソース・ソフトウェアとして公開されているようです。

RAMディスク作成手順

  1. インストール後、RamDisk Configurationを起動します。ディスクの容量や割当先のドライブ名を設定します。
    • 「Size」RAMディスクのサイズを指定
    • 「Allocate Memory Dynamically」メモリーの動的な確保を有効
    • 「Drive Letter」割当先のドライブ名
    • 「Launch at Windows Startup」Windows起動時に自動的にRAMディスクを作成
    • 「Create TEMP Folder」作業用のTEMPフォルダをRAMDISKに作成
  2. Windowsの高速スタートアップが有効の場合、電源オプションの変更を求められます。「現在利用可能ではない設定を変更します」をクリック後、高速スタートアップを無効にします。
  3. 「Launch at Windows Startup」を有効にした場合、PCを起動すると、自動的にRAMディスクが作成されます。RAMディスクの内容を自動保存する場合、「Data」タブで設定を行います。RAMディスクの内容を保存するフォルダ(この場合C:\Ramdisk)を指定、「Synchronize at System Shutdown(シャットダウン時に同期する)を有効にします。
    その他のオプションはこのような感じです

    • 「Copy only files with Archive Attribute」ファイルにアーカイブ属性があるもののみバックアップ
    • 「Delete data removed from the Ramdisk」RAMディスクからファイルを消去した場合、同期先のフォルダからも削除。(再起動時にいつも同じ内容をRAMディスクに復元したい場合、チェックを外す感じでしょうか)
    • 「Excluded Folders」同期から除外するフォルダ

上記の設定で、Windows 10 Ver.1809でRAMディスクを今の所使用できています。

オープンソース・ソフトウェアのため、ソースコードが公開されているという点で少し安心感がありますね。

バージョンアップも行われているようですので、動向を見つつ使用させて頂こうと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク