Windows 10へVagrantをインストール

armbianのビルド環境や、Raspberry Pi用のmicroSDカードイメージを作成したいとき。

本当はLinuxのPCが必要ですが、なかなかありませんよね?

代わりに、WindowsのPCで同じことができれば、何かと手軽かと思います。

Windows 10 PCへVagrantをインストールして、Linux系のビルド環境を作成してみたいと思います。


Windows 10のVagrantインストール手順

Windows 10 Pro x64版を使用しました。試していませんが、無印(Home)も環境を構築できるかと思います。

Hyper-V利用時は注意が必要です

VirtualBoxを使用するため、Hyper-Vを無効にする必要があります。

Docker for WindowsのようなHyper-Vを使用する環境は動かなくなりますので注意が必要です。

Intel VT-x,AMD-Vの有効化

  1. まずは、CPUの仮想化機能(VT)を有効にします。PC起動時にDELキー等(機種により異なります)を連打してUEFI(BIOS)設定画面を開き、VTを有効にします。


Hyper-Vの無効化

  1. Hyper-Vを利用している場合。プログラムと機能→Windowsの機能の有効化または無効化→Hyper-Vを無効にします。


VirtualBoxとExtension Packのインストール

  1. Download VirtualBoxページからWindows hosts版をダウンロードしてインストールします。
  2. Extension Packも忘れずにダウンロードしてインストールします。
    VirtualBoxをインストールする場合、必ずセットで入れましょう。


Vagrantのインストール

  1. Download Vagrantページからダウンロードしてインストールします。
  2. 再起動するとVagrantを使用できるようになります。

動作確認

動作確認のため、Ubuntu Xenial64を動かしてみたいと思います。

  1. 動作環境用のフォルダを作成します。xenialにしてみました。

  2. ubuntu/xenial64イメージをboxへ追加します。

  3. vagrant initでVagrantfileを作成します。必要に応じてVagrantfileを編集します。
  4. vagrant upでubuntu xenial64を起動します。

    VirtualBoxを起動してみると、仮想マシンが追加・実行されていることを確認できます。
  5. vagrant sshでubuntuにsshログインすることができます。


これで、Windows PCでVagrantのBoxを動かすことができるようになりました。

使用できるBoxのリストは、このあたりで探せそうです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク