WindowsとRaspberry Piの間で簡単にファイル転送・フォルダ同期するには

RaspbianやUbuntu、Fedora等、多くのRaspberry Pi用のディストリビューションは、SSHサーバ機能を標準で搭載しています。

SSHは仮想ターミナルへのログイン機能の他に、暗号化に対応したファイル転送機能を備えています。

Windows PCへSSHファイル転送に対応したプログラムをインストールすることで、Raspberry Piへのファイル転送のほか、フォルダの同期等が可能になります。

設定手順を記録しておこうと思います。


Raspberry PiのSSHファイル転送/フォルダ同期設定

Raspberry Pi側SSH有効化

Raspbianの場合、raspi-configにてSSHを有効にします。2018年10月現在、既定ではSSH無効のため、必ず手動で有効にする必要があるようです。

「5 Interfacing Options」を選択後「P2 SSH」を選択

enabled?で<はい>を選択します。

これでRaspberry Piは、ファイル転送を行う準備ができました。

Ubuntu 18.01、Fedora 29の場合、systemctlでsshサービスを有効/無効にできますが、既定で有効になっていると思います。


Windows側SCPファイル転送プログラム

WinSCPのインストール

SSHファイル転送に対応したプログラムとして、オープン・ソース・ソフトウェアのWinSCPを使用させて頂きました。

こちらのページからWinSCPのインストーラーをダウンロードさせて頂き、インストール致しました。

ファイル転送設定

ログイン画面にて、接続するための設定を入力します。

  1. 転送プロトコル:SFTP
  2. ホスト名:Raspberry PiのIPアドレスまたはホスト名
  3. ポート番号:22
  4. ユーザ名:pi(Raspbianの既定のユーザの場合)
  5. パスワード:必要に応じて入力・保存します

「保存」ボタンをクリックして設定を保存後、「ログイン」ボタンでRaspberry Piに接続します。

初回ログイン時、警告が表示されます。「はい」をクリックすると、鍵が保存されて、次回から警告が表示されなくなります。

ログインすると、画面左側にWindowsのフォルダ、右側にRaspberry Piのディレクトリがフォルダとして表示されます。

基本的に、転送したいファイルやフォルダを選択後転送ボタン(←、→)をクリックするか、またはドラッグ&ドロップで双方向にファイルを転送する使い方になります。


フォルダ同期

ファイルやフォルダを頻繁に転送したい場合、フォルダの同期機能を使用すると便利なようです。Windows側(画面左)、Raspberry Pi側(画面右)それぞれ同期させるフォルダを選択後、メニュー→コマンド→同期を選択します。Ctrl+Sキーでも大丈夫なようです。

方向、モード、同期オプションを設定します。ローカル=Windows、リモート=Raspberry Piかと思います。OKボタンをクリックします。変更のあったファイルの一覧が表示されます。転送したいファイルをチェックボックスで選択後、OKボタンをクリックすると、実際にファイルが転送されます。


FTP、NFSやSMB(Windowsファイル共有)でファイルを転送した場合、基本的にファイルは暗号化されないため、ネットワークの経路上で、パケットの盗聴(覗き見)の危険性があります。

SFTPによるファイル転送は、SSLによる暗号化が行われるため、そのような心配がなく、安心してファイル転送を行う事ができます。

Windows以外、たとえばAndroidスマートフォン等でもSFTP対応のファイル転送ソフトウェアがありますので、同じ方法でファイル転送されると便利かと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク