Wi-Fiルータの規格・機能を簡単に整理

Wi-Fi無線LANのルータ、種類がいっぱいありますが。

そもそも、Wi-Fiと呼ばれる無線LANは、IEEE 802.11規格を採用した製品を指すそうです。

たとえば802.11aやg等の規格や、MU-MIMO等のWi-Fiに関する付加機能を整理させて頂ければ、製品の新旧の判断ができそうです。

Wi-Fiの勉強のため。具体的なWi-Fi製品の規格と機能を、登場年月順に記載させて頂こうと思います。


具体的なWi-Fiルータの規格・機能の種類

Wi-Fiの国際規格は次のサイトで公開されているようです。

2019年に「Wi-Fi CERTIFIED 6™」が策定される見通しのようです。これは「IEEE 802.11axテクノロジー」に基づく最新の規格になります。

規格正式認証済み製品はまだ登場しておりませんが、将来のファームウェア・アップデートで正式対応予定の製品が登場しているようです。

具体的=実際に製品が発売された規格・機能(技術)につきまして。最新の802.11ax登場までの過程を並べると、次のような感じになりました。

※Wi-Fiの素人が調べた内容です。誤っている可能性も御座いますので、参考程度に御覧ください。

No.名称特徴製品登場年月
9802.11ax
Wi-Fi 6
2.4GHz帯4ストリーム
5GHz帯8ストリーム
2018年12月
ドラフト対応
8トライバンド対応メッシュWi-Fiシステム
対応製品で採用
2016年11月
7802.11ad6.8Gbps
60GHz帯
2017年6月
6MU-MIMO対応Multi-user MIMO
802.11ac対応でも
MU-MIMO非対応の製品あり
5802.11ac
Wi-Fi 5
規格値800Mbps
5GHz帯
MIMO技術採用
2013年
4802.11n
Wi-Fi 4
規格値150/300/600Mbps
2.4/5GHz帯
2011年
3802.11a規格値54Mbps
5.2GHz帯
2802.11g規格値54Mbps
2.4GHz帯
1802.11b規格値11/22Mbps
2.4GHz帯
  • No.が小さい規格は古いものになります。

こう整理させて頂きますと。

たとえば、802.11ac規格に準拠しながら、MU-MIMO機能(技術)に対応していない製品が存在するようです。

使用しているスマートフォンやPCが、MU-MIMOに対応している場合、ルータもMU-MIMOに対応した製品を選択したほうが、本来の性能を発揮して、より高速・快適(途切れず)にWi-Fiを使用できるかと思います。

MU-MIMOと同様に、近年、トライバンド採用製品が登場しておりますが、こちらは、どの部屋でも電波が途切れないメッシュネットワーク対応製品に多く見られるようです。

Wi-Fiルータは多くの種類が販売されておりますが。ご自宅へのVPN接続に対応した製品をお探しでしたら、よろしければこちらの記事を御覧ください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク