VPNサーバ機能付きWi-Fiルータはどれが良いのか 2016年秋


※2016.11.15 Planex VR500-A1を追記しました。


MacとiPhoneを使っていて。PPTPプロトコルのサポート終了が・・・地味に不便です。と言いますのも。

人様にお見せ出来ない(恥ずかしい)コンテンツが入った、自宅のWordPressサーバへのアクセスに、VPN(PPTP)サーバ機能付きのWi-Fiルータを使用しているからです。※他人に見せたくないメモは、自宅wordpressサーバへ

最新のiOS10, macOS Sierraにアップデートしたところ、外出先から全くアクセスできなくなってしまいまいた。

さて。代替機はどれが良いのか・・・・ポイントを整理したいと思います。


VPNサーバ機能付きルータを選ぶポイント

次の3点でしょうか。

  1. VPNサーバ機能のレベル。
    • 自宅LANぜんぶにアクセスできるか、それとも限定的(設定が必要)かどうか。
  2. VPNのプロトコルの種類。
    • PPTPとかIPSecとか。
  3. 維持費がかかるかどうか。
    • 無料のものから、固定IP費用がかかるもの、動的DNS費用がかかるもの。

これらのポイントをもとに、具体的な製品を評価させて頂きたいと思います。


Wi-Fi機能付きルータ

アイ・オー・データ機器

  1. VPNサーバ機能のレベル: フルアクセスが可能。
  2. VPNのプロトコル: PPTP。
  3. 維持費: 不要。iobb.netが無料で利用可能。

こちらの機種、うちで使っているものです。自宅の機器に、フルアクセスが可能。維持費もかからない素晴らしい製品です。WindowsやAndroidからVPN接続する場合、全く問題ありません。


NEC

つい最近発売されたばかりの新製品です。

  1. VPNサーバ機能のレベル: ポートマッピングの設定が必要のようです。
  2. VPNのプロトコル:どうやらVPNではないようです。
  3. 維持費:ホームIPロケーションは無償。ダイナミックDNS機能は有償のようです。

外出先から自宅内の機器にアクセスできるのは確かですが、VPNサーバとしての機能は無く、「ホームIPロケーション」の設定を行った機器にアクセスできるかたちでしょうか。ふむふむ。


BUFFALO

見た目から。なんだか強そうですね。

  1. VPNサーバ機能のレベル:フルアクセスが可能。
  2. VPNのプロトコル:IPSec, L2TP over IPsec対応。
  3. 維持費:「VPNのご利用には、固定IPサービスもしくは、ダイナミックDNSサービスのご契約が必要になります。」とあります。基本的には有償だと思います。

家庭用Wi-Fiルータで、VPNサーバ機能があって、ios10やmacOS Sierraから使えるIPSec対応。見た目通り強かった・・・・こちらの機種でしたら、性能も問題なく快適に使用できるかと思います。設置場所に少し悩みそうですが!


番外編(Wi-Fiなしのルータ)

BUFFALO

Wi-Fiルータではないのですが。Wi-Fiがついてない、VPNサーバに対応したルータの場合です。

  1. VPNサーバ機能のレベル:フルアクセスが可能。
  2. VPNのプロトコル:IPSec, L2TP over IPsec, PPTP対応。
  3. 維持費:「バッファロー・ダイナミックDNS サービス(有料)」がおすすめ。とあります。

ふむふむ・・・Wi-Fiルータと同じ条件ですが・・・似たお値段なら、新しいWi-Fiルータを選んだほうが良さそうな感じが致します。


PLANEX

こちらもWi-Fi機能が無いルータです。11月22日に発売予定の新機種になります。

  1. VPNサーバ機能のレベル:フルアクセスが可能。
  2. VPNのプロトコル:IPsec、L2TP over IPsec、PPTP対応。
  3. 維持費: DP-21.NET(有料), cybergate(有料), MyDNS(無料), no-ip(無料)

無料のDNSに対応しているところに、優しさを感じます。紹介ページを拝見すると、VPN-41FEから大幅パワーアップ。スループット(性能)も問題なし。LAN端子も1000BASE-Tになりました。macOS Sierra (OS X 10.12)に正式に対応しているようです。素晴らしい!

製品の紹介ページでは触れられていませんが、写真をよく見ると、側面にUSB端子が付いているようです。それもUSB-3.0のSuperSpeed・・・気になります。

発売前ですので、製品の完成度はわかりませんが、これからのファームウェア更新等で安定度が向上し、長期的に使用できるモデルになって欲しいと思います。それと、IPv6に対応して頂ければと思います。


さてさて。競争も激しく、新機種の登場も早いWi-Fiルータ。

また次の機会に、同様なVPN対応機種探しを行いたいと思います。

来年の春頃でしょうか・・・・ではまた!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク