SteamOSにCUDAToolkit7導入

CUDAのサイトを見てみると、CUDA Toolkit 7は、SteamOS Betaもちゃんと正式対応しているようです。
スクリーンショット 2015-04-22 9.19.09
あとでCudaMinerを入れて、コインをマイニングするために、CUDA Toolkitが必要なのです。
GPU→FPGA→ASICマイニングと進化したご時世、本気マイニングではなくて、あくまでお遊びですが・・・・。

では、インストール手順を・・・・
  1. まずは、Nvidiaドライバをアンインストールして、
    新しいドライバを入れられるようにします。
  2. 残りのNvidiaドライバも削除します。
  3. エディタで設定ファイルを作成し、
    ドライバ入れ替え時にnouveauドライバがロードされないようにします。

    次の内容を追加します。
  4. ディスプレイマネージャを終了して

    CTRL+ALT+F2を押して、コンソール画面に移ります。
  5. CUDA Toolkit 7をダウンロードします。
  6. ダウンロードしたrunファイルを実行可能にして、実行します。
  7. あとは、画面の指示に従って、Nvidiaドライバ・SDK・サンプル等をインストールして下さい。
    SDKは、既定の設定では/usr/local/cuda-7.0にインストールされると思います。
OSを再起動すると、新しいNvidiaドライバでX Window Systemが起動するかと思います。

SteamOSは、OSインストール時にnvidiaのドライバがインストールされます。
また、たまにSteamOSのアップデートがありますが、
その時にnvidiaドライバが更新される場合があります。
上記の方法で、nvidiaドライバを入れ替えたあと、SteamOSのアップデートに
何か影響があるかどうかは、調べておりませんので・・・・
あくまでも自己責任でインストールをお願い致します。
場合によっては、SteamOSのアップデートが正しく行われない可能性もあるかと思います。

次回は、CudaMinerをインストールして、コインをマイニングしてみたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク