Rock64の放熱対策

個体差かもしれませんが。

Rock64で熱暴走のような現象が見られましたので、2点、対策をしてみました。記録しておこうと思います。


Rock64の放熱対策

ヒートシンク取り付け

Rockchipのロゴが入ったSoCに、ヒートシンクを取り付けました。

ヒートシンク付属の両面テープで貼り付けました。取付後はこのような感じになります。

負荷が高い場合、指で触れない程熱を持ちましたので、放熱板取り付けの効果はあるかと思います。

HDMI出力を控える

たとえばUbuntuのアップデート(apt-get update)を行うと、途中でフリーズする場合がありました。

GUI(X Windows System)とCUI(コンソール)のどちらの場合も発生しました。

対策として、負荷が高い処理を行う場合、HDMI出力は使用せず、SSHでリモートログインして行いました。

SSHでリモートログイン後、Ubuntuのアップデートを行ったところ、問題なくアップデートが完了しました。

GPUに負荷がかからないように、重たい処理はSSH経由で行うほうが良さそうな感じでした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク