Rock64に64bit版Linuxをインストール DietPi

Rock64でDietPiを起動してみました。

ウィンドウマネージャーはLXDE、MATE、XFCE、GNUStepから選択できるようです。

日本語表示も問題無いようです。アイコンが少し怖いですが。

2018年5月現在、Debian Stretchベースの64ビットaarch64版OSとして動作しています。Rock64用DietPiインストールの注意点等を記録したいと思います。


Rock64用DietPi初期設定手順

32GB以下のmicroSDカードを用意

DietPi DownloadページからRock64用のmicroSDイメージをダウンロードしました。

ダウンロードしたイメージを7-Zipで展開後、EtcherでmicroSDカードへ書き込みました。

2018年5月現在、イメージファイルは「DietPi_v6.7_Rock64-ARMv8-Stretch.img」のようです。

環境依存?microSDカードの相性?よくわかりませんが、最初64GBのmicroSDカードで試したところ、mmcblk1エラーでうまく動作しませんでした。
32GBのmicroSDカードで試したところ、問題なく動作しました。


DietPi初期設定

初期設定メニュー表示

初期ログイン/パスワードはroot/dietpiのようです。

ログイン後、初期設定画面が表示されるはずですが

プロンプトが表示された場合、数秒待ってから次のコマンドを入力するようです。


DietPi-Config設定

次の初期設定を行いました。

  1. Display Options
  2. Audio Options
  3. Performance Options
  4. Advanced Options
  5. Language/Regional Options
    1. Locale
      • ja_JP.UTF-8を選択
    2. Timezone
      • Asia
      • Tokyoを選択
    3. Keyboard
      • Generic 105-key (Intel) PC
      • Ohter
      • Japanese
      • Japanese
      • Right Alt (AltGr):既定値
      • No compose key:既定値
  6. Security Options
    1. Change Root Password→パスワードを設定
    2. Change Hostname→ホスト名を設定
  7. Network Options: Adapters
    1. Ethernet→必要があればIPアドレス等を設定
    2. WiFi
    3. IPv6
    4. Test
    5. Proxy
  8. Network Options: NAS/Misc
    1. Samba Client
    2. FTP Client
    3. NFS Client
    4. NoIp
    5. APT Mirror
    6. NTPD Mirror
    7. Boot Net Wait
  9. AutoStart Options
    1. Console→必要があればオートログインを設定
  10. Tools

DietPi-Software設定

Software OptimizedとSoftware Additionalメニューからインストールしたいパッケージを選択します。SSHサーバーは既定でインストールされるようです。

Installメニューを選択すると、パッケージのインストールが始まり、終了すると自動再起動しました。


日本語フォントのインストール

X-Window Systemで正しく日本語が表示されるようにフォントをインストールしました。

他の日本語フォントは次のコマンドで探せるようです。

以上で初期設定が完了しました。


Rock64はハードウェアとして64ビットに対応しています。

そしてDietPiはOS(ソフトウェア)として64ビットに対応しています。

動作も安定していて、なかなか良さそうな印象です。

いろいろと試させて頂こうと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク