Rock64でaarch64版Arch Linuxを起動するには

このような感じで、シングルボードコンピュータのRock64で64ビット版Arch Linuxを起動できるようです。

HDMIが未サポートのため、SSHでログインした状態ですが。

起動用のmicroSDカードイメージの作成方法を記録しておこうと思います。


Rock64用aarch64版Arch Linux起動メディア作成手順

基本的にこちらの記事の内容に従って作成する流れです。

Arch Linuxを使って起動用メディアを作成しますが、いつものVagrantを使って、Windows 10 PCで作成しようと思います。

Vagrantのインストール

  1. Windows 10 PCに vagrantをインストールします。こちらの記事になります。

Arch Linux環境作成

  1. Arch Linux用のフォルダを作成、vagrant box addでboxに追加します。選択肢は2)virtualboxを選びました。

  2. vagrant initでVagrantfileを作成します。vbguestプラグインもインストールします。
  3. Vagrantfileを編集して、フォルダ同期設定を入れたのですが・・・実はうまく動きませんでした。

  4. vagrant upで仮想環境を起動、vagrant sshでログインします。


Rock64ブート用イメージ作成

vagrant環境からUSB接続でmicroSDカードにアクセスするのは難易度が高い感じがしますので、代わりにイメージファイルを作成しようと思います。

  1. ddで空のイメージを作成します。ファイル名はArchLinuxRock64boot.img、サイズは3.5GBにしてみましたが・・・もっと小さくても大丈夫です?

  2. fdiskでパーティションを作成します。

    oで初期化、n、p、1でプライマリパーティション作成、First sector欄に32768入力、Last sectorはエンターですべて、wで書き込みました。
  3. 作成したパーティションをマウントしようと思います。fdiskでセクタサイズを確認します

  4. Startセクタの32768、セクタサイズ6520832を指定して、losetupでloopデバイスにマップします。

  5. ファイルシステムを作成します。

  6. マウントしてアクセスできるようにします。

  7. Rock64 – Arch Linux ARMの内容に従ってファイルをコピーする流れですが、wgetが入っていませんでした。

    pacmanでインストールします。
  8. ルートファイルシステムをダウンロードしてコピーします。
  9. boot.scrをコピーします。
  10. イメージをアンマウントします。
  11. ブートローダーをダウンロードしてイメージに埋め込みます。


microSDカードイメージのコピー・書き込み

以上でブートイメージが完成しました。あとはmicroSDカードに書き込めば良いのですが・・・vagrantからWindowsフォルダへうまくアクセスできません。むむむ。

回避策として、sshが動いている別のPC(Mac)へscpでファイルをコピーしました。orz

作成したArchLinuxRock64boot.imgは、Etcher等でmicroSDカードへ書き込みます。


Rock64起動とU-Bootパッケージインストール

microSDカードをRock64にセット、必ずLANケーブルを接続して電源を入れます。

HDMIに画面は出ませんでした・・・・Rock64 – Arch Linux ARMを拝見すると「ルータから配布されたIPアドレスへSSHでアクセスしてね」のような記述があります。

それっぽいIPアドレスにSSH接続します。

ユーザ/パスワードはalarm/alarmのようです。

rootパスワードはrootのようですが、直接ログインはできず、alarmでログインする必要があるようです。

  1. ログイン後、U-Bootパッケージをインストールします。

Rock64は64ビット対応ハードウェアということで、OSも64ビット対応を希望していますが・・・対応OSがなかなか無い印象です。

armbianさん等、Rock64対応で「テスト中」というLinuxディストリビューションがいくつかあるようですが、aarch64対応のArch Linuxさんも、今後の発展に期待させて頂きたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク