Raspbianでjnethackをビルドするには

ビルド手順の覚書になります。


ソースファイルの取得

こちらのバージョン3.6.1になります

必要なライブラリのインストール Raspbian版

Raspbianの場合、ビルド時、いくつかライブラリのインストールが必要でした。

ビルド中にヘッダファイルが無いエラーが表示された場合など、apt-fileコマンドで必要なライブラリを探すことができました。便利ですね。

ビルド

基本的に、こちらのwiki情報に従ってビルドするかたちになります。

ソースファイルを展開し、パッチ適用後、make allでビルドしました。

うまくビルドできましたでしょうか?

インストールと実行

インストール先はpiユーザのホームディレクトリのようです。

実行できましたでしょうか?

さあ。ワンワンと旅に行きましょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク