Raspberry Pi USBストレージのオートマウント設定

Raspberry PiのUSB端子に、SSDやHDD等のストレージを接続したとき。

接続したストレージ固有のID(UUID)によって、指定したディレクトリに自動マウントする設定手順を記録しておこうと思います。


USBストレージのautofs設定

OSは、Fedora 27のaarch64版を使用しました。autofsの設定になりますので、他のOSでも利用可能な場合もあるかと思います。

USBストレージのフォーマット・UUID付加

  1. USBストレージを接続、fdiskまたはcfdiskでパーティションを作成します。

  2. Free Spaceを選択、Newでパーティション作成、Writeでパーティションテーブルを書き込みますが、必ず「yes」と入力する必要があるようです。
  3. mkfsで作成したパーティションをフォーマットします。
  4. blkidでUUIDを付加します。

    UUIDが表示されますが、同時に/dev/disk/by-uuid/<UUID>にシンボリックリンクが作成され、そちらの名称でデバイスへアクセス可能になります。

autofs設定

autofsは既定でインストールされていると思います。設定を作成して起動するかたちです。

  1. USBストレージ用のマウントポイントを作成します。/usbにしようと思います。
  2. /etc/auto.master.d/usb.autofsファイルを作成します。

    作成した/usbディレクトリの設定は、/etc/auto.usbファイルに紐付きますよ、という内容です。
  3. 先程フォーマットしたUSBストレージは、/usb/hdd1というディレクトリにマウントしようと思います。
    /etc/auto.usbファイルを作成します。
  4. autofsの自動起動を有効にします。
  5. automountコマンドでマッピングを確認します。

    /usbマウントポイントの設定は、指定したUUIDのストレージが接続された場合、hdd1というサブディレクトリにマップするよ、というような内容です。

以上で設定が完了しました。

実際にストレージがマウントされるのは、Raspberry Piを起動した時やUSBストレージを接続した時ではなく、指定したサブディレクトリ(/usb/hdd1)にアクセスしたタイミングになります。

ストレージを接続してもマウントされていませんが

/usb/hdd1にアクセスするとマウントされる・・・こんな感じです。

UUIDでマップしましたので、ストレージごとに異なるサブディレクトリにマウントすることができます。

いろいろと接続して試してみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク