Raspberry Pi 64ビット版FedoraのmicroSDカード容量拡張(Cockpit版)

2018年5月、Fedora 28がリリースされました。

最新記事はこちらになります。

Fedora 28はresize2fsで容量の拡張が可能です。

以下、LVMを使用する古い記事となります。


先日、Raspberry Pi 3に64ビット版のFedoraをインストールしました。

インストールに使用する容量は10GB程度でした。

32GBのmicroSDカードを使用した場合、22GBの容量が余った状態ですが、空き容量分がマウントされず、そのままでは利用できないようです。

余った容量を/(ルート)に追加する手順を記録しておこうと思います。

尚、こちらの手順はFedora ServerでCockpit(Admin Console)を使った手順になります。

Cockpitではなくコマンドラインで行う場合はこちらの記事になります。


Raspberry Pi版FedoraのmicroSDカード空き容量拡張手順(Cockpit版)

Fedora Server版を利用しました。次の手順でマネージメントコンソールから空き容量を追加しました。

  1. Webブラウザからマネージメントコンソールにアクセスします。

  2. ユーザー名、パスワードを入力してログインします。
  3. 左側メニュー「ソフトウェア更新」でシステムをアップデートします。アップデートを行わないと6番の「+」メニューが表示されないようです。
  4. 左側メニュー「ストレージ」をクリックします。
  5. 右側「ファイルシステム」欄の「/dev/fedora/root」をクリックします。
  6. 「物理ボリューム」欄の「+」ボタンをクリックします。
  7. 空き容量が表示されます。チェックボックスをオンにして、「追加する」ボタンをクリックします。
  8. Logical Volumes欄の/dev/fedora/rootをクリック、「増加」ボタンをクリックします。volumeの誤訳かと思いますが「音量」になってますね・・・「容量」の意味かと思います。
  9. スライドバーを右に動かして容量を変更後、「増加」ボタンをクリックします。
  10. dfコマンド等で空き容量が増えた事を確認します。/dev/mapper/fedora-rootが5.1GBから28GBに増加しました。

空き容量が確保できましたので、64ビット版のRaspberry Piでいろいろなプログラムやデータを入れて遊べそうですね。

さて、何を入れて楽しみましょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク