Raspberry Pi 3でarm64版Ubuntu 18.04 Bionicインストーラーを起動

こちらの画面は、Raspberry Pi 3 Model Bでブートローダー(GRUB2)を起動した画面です。arm64版Ubuntu 18.04 Bionic Beaverのインストーラーを起動する入り口になります。

Raspberry Pi 3用の64ビット(arm64)版Ubuntu 18.04インストールメディア(microSDカードまたはUSBフラッシュメモリー)を作る手順を記録しておきたいと思います。

※インストーラーの起動は確認しましたが、実際にインストールを行えていません。あくまで「起動した」レベルですのでご注意下さい。

※18.8.14追記:新しいUbuntu 18.04.1にて64ビットカーネルを起動する新しい記事が御座います。

以下、上記の記事よりも古い内容となります。


Raspberry Pi 3用arm64版Ubuntu 18.04インストールメディア作成手順

最終的に、下図のような感じのmicroSDカードを作るかたちになります。フォーマットはFAT32になりますので、Windows PCで読み書き可能です。

最初、Raspberry Piでインストールメディアを作成しようと思いましたが、arm64のクロスコンパイルができませんでした。

他の理由もあり、最終的にWindows 10 Pro x64のPCを使用しました。VagrantとVirtualBoxを使用しますので、CPUが仮想化機能(Intel VT-x、AMD-V)に対応していれば、Windows 10無印(Home相当)でも作成できると思います。

基本的にこちらの内容に従ってインストールメディアを作成する流れになります。


Vagrantのインストール

  1. PCにVagrantをインストールします。こちらの記事になります。

VagrantでDebian Stretch64実行

U-bootのクロスコンパイルを行いますが、Ubuntu Xenialではgccのバージョンが低く、コンパイルできませんでした。Debian Stretchで試したところ問題ありませんでしたので、こちらの実行環境を作ろうと思います。

  1. stretch実行環境用のフォルダを作成します。
  2. vagrantのboxにdebian/stretch64を追加します。選択肢は2)virtualboxを選びました。

  3. vagrant initでVagrantfileを作成します。それとフォルダ同期のためvagrant-vbguestプラグインを入れておきます。

  4. Vagrantfileを編集、config.vm.synced_folder行を追加します。

    /vagrant_dataディレクトリ経由でWindowsのフォルダへアクセスできるようにする設定になります。
  5. stretchを起動してsshでログインします。

/vagrant_dataディレクトリに、2番で作成したstretch動作環境フォルダがマウントされていると思います。こちらのフォルダに、microSDカード用のファイルをコピーしてゆこうと思います。


U-bootのコンパイル

  1. クロスコンパイラーをインストールして、u-bootのソースをクローン、コンパイルする流れです。
  2. system-bootフォルダを作成、インストールメディア用のファイルをコピーしようと思います。

    コンパイルしたu-boot.binファイルは、kernel8.imgにリネームしてコピーします。

dtb(Device Tree Blob)のコピー

  1. dtbファイルをダウンロードしてコピーします。


ISOコンテンツのコピー

  1. arm64版Ubuntuインストールisoイメージをダウンロードしてコピーします。

    ネットワークインストール用のmini.isoで試しましたが、オフラインインストール用メディアでも作れそうな感じです(未確認)。
  2. efiイメージを展開してコピーします。
  3. イメージをアンマウントします。


カーネルとGRUBファイルのダウンロード

いろいろと試したところ、isoイメージのinitrdではうまく起動しませんでした。最新版をダウンロード・コピーします。

  1. 最新版のカーネルとGRUBファイルをダウンロードしてコピーします。

GPUファームウェアとブートローダーのコピー

最後にこちらの内容に従って、GPUファームウェアとブートローダーをコピーしました。

  1. ファームウェアをダウンロード、展開してコピーします。

これで必要なファイルがすべて揃いました。

FAT32でフォーマットしたmicroSDカードにこれらをコピーして、Raspberry Piを起動してみて下さい。

GRUB2の画面からInstallを選択してしばらく待つとこのような感じでインストールメニューが起動するかと思います。

GRUB2の画面から先に進まない場合は、RAMディスクイメージ(initrd.gz)やカーネル(vmlinuz, linux)の最新版をご確認下さい。

さて。

インストーラーは起動しましたが。

CD-ROMドライブが見つかりません、というエラーで先に進まない感じです。

うーん。


※18.8.14追記:新しいUbuntu 18.04.1にて64ビットカーネルを起動する新しい記事が御座います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク