Raspberry PiでRocket.Chatサーバ簡単構築 snap版

Raspberry Pi 3BでRocket.Chatサーバを構築してみました。

構築手順を記録しておこうと思います。


Raspberry PiのRocket.Chatサーバ構築手順 snap版

構築はRaspberry Pi 3Bを利用しましたが。

通常の32ビットのarmv7l版Ubuntu 18.04.1を利用しましたので、Raspberry Pi ZeroやPi 2も構築可能かと思います。


Ubuntu 18.04.1のインストール

OSはUbuntu 18.04.1を利用させて頂きました。Fedora 28でも試したのですが、snap版のRocket.chatが安定版ではありませんでした。

  1. Raspberry PiへUbuntu 18.04.1をインストールします。
  • Pi Zero, Pi2の場合。ubuntu wikiページから「ubuntu-18.04.1-preinstalled-server-armhf+raspi2.img.xz」をダウンロード、microSDカードにイメージを書き込み、起動します。
  • Pi 3B、3B+の場合。こちらの記事を参考にUbuntuをインストール、手順の6番まで行います。32ビットカーネルが動けば問題ありません。手順の7番以降、64ビットカーネルはインストールする必要はありませんでした。

アップデート実施

Ubuntu 18.04.1の場合、microSDカードの容量は自動的に拡張されていました。次にOSのアップデートを行っておきます。

  1. Ubuntuインストール後、アップデート・アップグレードを行っておきます。

タイムゾーン設定

  1. タイムゾーンはtimedatectlコマンドで確認・設定するようです。
  2. タイムゾーンをAsia/Tokyoへ設定します。

ホスト名設定

  1. hostnamectlコマンドでホスト名を確認します。既定はubuntuかと思います。
  2. hostnamectlコマンドでホスト名を変更します。

    ubuntuからpi3に変更してみました。

固定IPアドレス設定

  1. IPアドレスを固定にしたい場合、/etc/netplan/50-cloud-init.yamlファイルを編集します。
  2. dhcp4:true行をnoに変更、address, gateway4行等を追加します。

  3. netplanコマンドでIPアドレス設定を反映します。

rocketchat-serverインストール

  1. snapdをインストールします。
  2. snapコマンドでrocketchat-serverをインストールします。

    2018年9月2日現在、バージョン0.65.2がインストールされるようです。
  3. rocketchat-serverを起動します。

topコマンドでプロセスを確認すると、mongod(MongoDB)とnode(Node.js)が動作しています。

しばらく待っていると、TCPポート3000番でrocketchat-serverの待ち受け(LISTEN)が開始されるようです。


RocketChat初期設定

  1. WebブラウザでRocketChatサーバへアクセスします。

    初期設定画面が表示されます。
  2. 管理ユーザ(admin)の名前、ユーザ名、メールアドレス、パスワードを入力して「continue」をクリックします。
  3. サイトURLの警告が表示されました。「はい」をクリックして、URLをlocalhostからIPアドレスへ変更しました。
  4. 必要があればOrganization Infoを入力して「Continue」をクリックします。
  5. 必要があればServer Infoを入力して「Continue」をクリックします。
  6. 初期設定が完了しました!「Go to your workspace」をクリックすると、先程作成した管理ユーザのワークスペースが表示されます。

以上でRocket.Chatサーバのインストールが完了しました。

あとは管理ユーザのワークスペースから、ユーザの追加やチャンネルの追加等を行うかたちになります。

うまく構築できたかどうかの確認として、スマートフォン等のRocket.Chatアプリからアクセスできるかどうか試すのも良さそうです。

構築したサーバは、インターネットとは離れた、Raspberry Piを使ったローカルな(独立した)チャットサーバになります。

何か個人的なメッセージを利用したり、IoT的にコンピュータにメッセージを投稿させるような利用方法も面白そうですね。

まずは、初期構築が終わりましたので。そのあたり、追々研究してみようと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク