Raspberry PiでNFSファイルサーバ作成

Raspberry Piに外付けUSB HDDを取り付けて、NFSファイルサーバを作成しようと思います。

標準OSのRaspbianを使用しますので、初代Raspberry Pi(無印)を含めたすべてのRaspberry Piで作成することが可能です。

転送速度は遅めです・・・10MB/s程度、一時間に3GB程度の転送量かと思いますので、その範疇でご利用下さい。


Raspberry PiでNFSファイルサーバ作成

初代Raspberry Pi(無印) Model Bを使用しました。そういえば2代目までは、microSDカードの差し込み口は「カチッ」っとなるタイプでしたね。

Raspbianインストール

こちらの記事を参考に、Raspbianをインストールします。


USB端子の電力供給量設定変更

Raspberry Piフォーラムさんの記事を参考に、USB端子の電力供給量を上げておきます。config.txtにmax_usb_current=1の1行を追加します。

再起動後、外付けHDDを取り付けて、USB端子への電力供給量を確認します。

HDD(Western Digital)に500mA割り当てられているようです。


USB HDDのマウント

  1. cfdiskでパーティションを作成後フォーマットします。
  2. blkidでUUIDを確認、/etc/fstabを編集します。/optにマウントしようと思います。


  3. マウントして正しくアクセス可能かどうか確認します。

NFSサーバインストール

  1. 事前にアップデート・アップグレードします。
  2. nfs-kernel-serverをインストールします。
  3. rpcbindとnfs-serverサービスはインストール後自動起動されているようです。

NFSサーバ設定

/optディレクトリをNFSで公開するかたちです。

同じLANのセグメント(192.168.○.○)から書込み可能でアクセスできるようにしようと思います。

rootユーザもアクセスできるようにno_root_squashオプションを使用しますが、既定ではroot_squashが有効のようです。

  1. /etc/exportsに1行追加します。

  2. 設定変更を反映します。
  3. 下記のコマンドでエクスポートの状態を確認できるようです。

NFSクライアント設定

先日作成した、aarch64版Fedora 28のRaspberry Pi 3でNFSディレクトリをマウントしてみました。

rootでログインしているため、sudoは省略しました。

  1. nfs-utilsをインストールします。

    インストール後、サービスは自動起動しているようです。
  2. ファイアウォール設定を変更してnfsを有効にします。
  3. /etc/fstabに1行追加します。/optにマウントしようと思います。
  4. マウントして正しくアクセスできるかどうか確認します。

Windows 10 Proは、NFSファイルシステムのマウントが可能のようです。(無印、Home相当は非対応のようです)

大きなファイルは少し難しいですが。

ちょっとしたファイルのやり取りに、NFSサーバが1台あると何かと便利かと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク