Raspberry Piでお部屋の温度・湿度・気圧・照度を記録するには

先日、(例えばテレビの)リモコンの使わないボタンで、別の機器(スピーカー)を操作するため、Raspberry Pi Zeroでリモコンの中継機を作成しました。

使用したIoT拡張ボードは、赤外線の送受信機能の他に、各種センサーが取り付けてあります。

せっかくですので、お部屋の温度や気圧、照度の記録をしてみたいと思います。


Raspberry PiのIoT拡張ボートによる温度・湿度・気圧・照度記録設定

使用する機材

対応するIoT拡張ボードは、こちらを使用させて頂きました。

お部屋の中心に水平に設置致しました。赤外線が届く範囲が広く、問題なく使用させて頂いております。温度や湿度の記録も、お部屋の中心のうほうが変動が少なく、安定するかと思います。


温度・湿度・気圧・照度の取得

RPZ-IR-Sensorホームページから、サンプルプログラム「rpz-sensor」をダウンロードさせて頂きました。

ターミナル上でpiユーザーで実行したところ、問題なく温度などの情報が表示されました。

※18.11.23追記:RPZ-IR-Sensor本体のBME280センサーは、温度が少し高めに記録されます。Raspberry Pi本体の発熱の影響でしょうか。付属の外付けセンサーを取り付けると、お部屋の温度を問題なく記録してくれるようです。


自動記録の設定

crontabで、5分おきにファイルに記録するように設定しました。

次の1行を追加します。

これで温度等の記録が開始されました。

CSVファイルをWindows PCに転送する場合、宜しければこちらの記事を御覧ください。


※18.12.12追記

照度が0の場合異常終了する対策

お部屋が暗い場合、ゼロで除算エラーがでるようでしたので、スクリプトを少し修正させて頂きました。

106行目付近にif文を追加したところ、輝度が0の場合のエラーは出なくなりました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク