ownCloudでVeraCrypt暗号ファイルがアップロードされないとき

ファイルを暗号化したいとき。

VeraCrypt (TrueCrypt)を使う場合があると思いますが。

ownCloudと組合せたとき。暗号化したファイルの更新がうまく検出されず、ownCloudサーバーへのアップロードに失敗する場合があります。

さて。原因と対策は。

原因ですが。

VeraCryptの暗号ファイルは、更新日時(タイムスタンプ)が変わらないような動作をするからです。更新日時が変わらないので、ownCloudからファイルが変わってないと思われて、最新のファイルがアップロードされない、という困った現象になります。

対策方法は。次の手順で。

  1. VeraCrypt→Settings→Preferencesを開きます。
    veracryptpreferences
  2. 「Preserve modification timestamp of file containers」のチェックを外します。
    veracrypttimestamp和訳すると「ファイルコンテナの変更日時を保持します」という感じでしょうか。
    この影響で、ownCloudから更新されたかどうかわからなくなっていたようです。

    チェックを外せば、更新日時が変わるようになり、ownCloudサーバーへうまくアップロードされるようになります。


ownCloudと似たサービスである、DropBoxの場合は。

VeraCryptの設定を変えなくても、サーバへちゃんとアップロードされるようです。

おそらく、更新日時とは関係ない方法で、ファイルの内容の更新を検出しているのだと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク