no-ipの無料アカウント登録手順

VPNサーバを使うとき。気になることの1つは維持費ですが。(他にセキュリティなど)

今年発売されたBuffaloさんの無線LANルータは、「L2TP over IPsec」VPNサーバ機能に対応しつつ、無料のDDNSサービス「no-ip」に対応しているようです。

そこで「no-ip」に無料アカウント登録してみたいと思いますが・・・・はたして、都合よく無料で使えるのでしょうか!?


no-ip無料アカウント登録手順

  1. www.noip.comへアクセスします。
  2. 画面右上「Sign Up」をクリックします。
  3. 右側「Create My Free Account」欄に、メールアドレス、ユーザ名、パスワードと、好きなホスト名を入力します。
    無料のアカウントの場合。ドメインは「hopto.org」の他に「zapto.org」「sytes.net」「ddns.net」が選択できるようです。
  4. 入力が終わったら「Create My Free Account」をクリックします。
    確認(Comfirm)画面が表示され、入力したメールアドレスに確認メールが送信されます。
  5. メールを開き、「Comfirm Account」をクリックします。
  6. アカウントが有効になり「アクティベートされたよ!」画面が表示されます。
  7. これで、no-ipのDDNSサービスを使うことが出来るようになりました。
    VPNルータの設定画面にて下記の設定を行います。

    • ダイナミックDNS機能→「No-IP」
    • パスワード→No-IPに登録したパスワード
    • ホスト名→No-IPに登録したホスト名
    • Emailアドレス→No-IPに登録したEmailアドレス
  8. 正しく設定を行うと、VPNルータからNo-IPのサーバへIPアドレスが通知されます。
    登録したホスト名を使って、外出先からVPNルータへアクセスできるようになります。
  9. no-ipの管理画面へログインして、ホスト名に割当てられたIPアドレスを確認することができます。

ホスト名は30日おきに無効に?

「Expires in 30 days」とありますが。ここをクリックすると、こんな警告が。

無料の場合は、30日おきにホスト名が無効になるようです。ホスト名を使い続けるには、ホスト名が無効になる7日前に送られるメールの「確認リンク」をクリックしてね。とあります。

30日おきのメールが面倒な場合、有料サービスをどうぞ、ということのようです。

メールのリンクをクリックしなくても、自動確認(hostname confirmation)してくれるルータやDDNS更新ソフトもあるのでしょうか?このあたりは、お使いの環境ごとに異なると思いますので、no-ipの管理画面で、直接ご確認頂いたほうが宜しいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク