NextcloudサーバをWindowsネットワークドライブに割り当てるには

このような感じで、WindowsのネットワークドライブとしてNextcloudサーバにアクセスしたい時。

次のようにWindowsを設定すると、アクセスできるようです。

※http接続のNextcloudサーバで確認しました。httpsの場合は未確認です。


WindowsのWebDAVネットワークドライブ設定

Windowsのバージョンは、Windows 10 x64を使用しました。

ネットワークドライブとしてWebDAVサーバにアクセスするには、次の2つがポイントのようです。

  1. レジストリを変更してHTTPの基本認証を有効にする。
  2. WebClientサービスを起動する。

HTTPの基本認証有効化

Microsoftさんの次の情報をもとに、レジストリを設定しました。

以下の手順になります。

  1. レジストリ エディターを起動します。
  2. 次のレジストリサブキーへ移動します。
    • HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\WebClient\Parameters
  3. 次のDWORD値を作成します。
    • BasicAuthLevel
  4. 値は1または2に設定します。
    • SSLのみ基本認証を許可する場合は1 (Nextcloudサーバがhttps)
    • 非SSLも許可する場合は2(Nextcloudサーバがhttp)

WebClientサービス起動

  1. サービス設定を起動、WebClientのプロパティを開きます。

  2. スタートアップの種類を「自動」に変更します。
  3. 先ほどレジストリを変更しましたので、念の為Windowsを再起動しました。

WebDAVネットワークドライブの割り当て

  1. Nextcloudサーバへアクセスして、WebDAVアドレスを確認します。画面左下の「設定」をクリックすると表示されます。
  2. Windowsのファイルエクスプローラー→PC→画面上部コンピューター メニュー→ネットワークドライブの割り当てをクリックします。
  3. ドライブを選択、フォルダー欄に先ほどのWebDAVアドレスを入力、「完了」をクリックします。
  4. Nextcloudのアカウント情報を入力します。
  5. ネットワークドライブとしてNextcloudへアクセスできましたでしょうか?

ゴミ箱・ファイル履歴機能も使用可能

誤ってファイルを消してしまった場合など。NextcloudへWeb画面でアクセスして、画面左下の「ゴミ箱」をクリックすると、削除したファイルの一覧が表示されます。

ネットワークドライブとしてNextcludへアクセスした場合でも、ちゃんとゴミ箱やファイルの変更履歴機能が使用できるようです。

便利ですね!

ぜひ活用してみて下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク