NanoPi M4を動かすために必要なもの

先日、NanoPi M4を購入してみました。

まあ、実はまだ電源を入れられないのですが。orz

理由は、本体や電源を購入したものの。買い忘れがあり、必要なものが揃わないためです。

同じ失敗を防ぐために。

NanoPi M4に必要なものを記録しておこうと思います。


NanoPi M4を動かすために必要なもの

最低限必要なもの一覧

発売元のFriendly ELECさんの公式ショッピングサイトで購入しました。

ずばり。本体を含め、下記を同時購入する必要があるようです。

  1. NanoPi M4本体
    • 箱の中に「本体の基板」「Wi-Fiアンテナ2本」が入っていました。
    • Wi-Fiは日本国内では使用できないかと思います。
    • 電源端子はUSB 2.0 Type-C(メス)です。またはGPIO端子から給電することも可能なようです。電源容量は本体用に3A必要のようです。
    • USB端子等に周辺機器を接続する場合、4Aの電源が必要なところが注意点でしょうか。
  2. USB 5V 4A対応電源アダプタ(恐らく必須)
    • 公式サイトで購入したものは、ケーブルが付属しませんでした。
    • 電源アダプタは、USB Type-A(メス)端子が1つあります。別途Type-CのUSBケーブルが必要です。
    • 1つの端子から4A給電できるアダプタは、あまり見かけない感じです。
  3. 電源用USB Type-Cケーブル(必須)
    • 上記2番の電源を使う場合、USB 2.0対応のType-C(オス) Type-A(オス)ケーブルが必要です。
    • 公式サイトでは30cmのケーブルを扱っているようです。
  4. ヒートシンク
    • NanoPi M4裏面のRockChipの冷却に使用します。
    • 裏面に付いているため、汎用的な(小さめの)ヒートシンクを使うと、設置に困る予感がします?
    • ※18.10.7追記:実際に電源を入れたところ、ヒートシンクを長時間触っていられないほど熱くなりました(50℃以上)。純正の大型ヒートシンクは必須かと思います。
  5. microSDカードまたはeMMCモジュール
    • eMMCモジュールを使用したい場合、NanoPi M4専用のものを購入する必要があります。
    • Androidを動かしたい場合、基本的にeMMCモジュールが必要のようです。

USBケーブルは、こちらの商品で代用できそうです。長さも数種類から選べます。

microSDカードの選択は、よろしければこちらの記事を御覧ください。

microSDカードのアクセス速度について、NanoPI M4が(microSDのホストデバイスとして)UHSをサポートしているかどうかが気になるところです。

※10.10.10追記:microSDカードのアクセス速度を調べたところ、20MiB/s程度でUHS非対応のようです。USBからの起動が非対応のようですので、パフォーマンスを引き出すためには、eMMCモジュールを接続したほうが良さそうです。


公式サイトで購入する場合の費用の目安

次の3点を購入してみました。

  1. NanoPi M4メモリー4GB版
  2. ヒートシンク
  3. 4V 4A電源アダプタ

配送先に日本を指定した場合、China Post-Group 4の配送料・消費税として$12ドル追加され、合計金額は$122.98になりました。

実際にNanoPi M4を使用するために、他にmicroSDカード(またはeMMC)と電源用のUSBケーブルが必要です。


手元に届くまで2週間かかりました(状況により異なります)

  • 9月18日に注文
  • 9月23日に配送開始
  • 9月27日国内着
  • 10月1日に受け取ることができました。

およそ2週間程で配達されました。

日数につきましては在庫状況や交通状況等により変わります。最低限の目安として御覧ください。


NanoPi M4のヒートシンク

本体の裏面とヒートシンクの接触面はこのような感じです。

RockChipが斜めに配置されていて、目立っていますね。

本体の大きさはRaspberry Piとほぼ一緒かと思います。

Raspberry Piのケースを流用できるかどうかは、RockChipの発熱の程度が影響しそうです。

このあたり、追って調べてみようと思います。

※18.10.7追記:電源を入れたところ、ヒートシンクは長時間触っていられないほど熱くなりました(50℃以上)。RockChip3399を安定稼働するために、このくらいの大型のヒートシンクが必要なようです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク