motionの自動起動

Raspberry Piを監視カメラ代わりに使いたいとき。
USBカメラを接続した場合は、motion。
専用のカメラモジュールを使う場合は、motion-mmal。
を、Raspberry Piの電源ONと合わせて、自動起動できれば便利です。
そのための設定を・・・・こちらを使わせて頂きました。(海外の掲示板から)


シェルスクリプトを作成します。

シェルスクリプトを実行可能にします。

自動起動を有効にします。


こんな感じでしょうか。
うちには、Raspberry Piが2台ありますが、どちらもUSBカメラではなく、カメラモジュールを接続しています。 うち1台は、赤外線カメラのモジュールです。

なぜ値段の安いUSBカメラではなく、高価なカメラモジュールなのかといえば、USBカメラをつなぐと、Raspberry Piの電源が不安定になる場合があるためです。


カメラモジュールは、あのフラットケーブルの取り回しが、大変邪魔になります。
カメラモジュール専用のケースを購入したこともあるのですが、フラットケーブルのせいでうまく固定できませんでした。
このため、最終的には、次の2つの方法で、カメラモジュールを固定しました。

  • カメラモジュールが内蔵できる、Raspberry Pi用のケースを使う。
  • カメラモジュールのフラットケーブルを延長する。
    そして、カメラモジュールを三脚に固定できるアダプタを使う。

監視カメラとして使ったり、タイムラプスを使いたい場合、

長時間カメラを固定する必要があります。

カメラがグラグラしては仕方がありませんし・・・・

IMG_1643

IMG_1645
IMG_1647






スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク