macOSで日本語ロケールのPostgersqlを動かすには

macOSでPostgreSQLの日本語データベースを作成、ネットワークからアクセス可能にする設定を記録しておこうと思います。


macOSのPostgreSQLインストール手順 Homebrew版

PostgreSQLのインストール

OSはmacOS High Sierra 10.13.6を使用しました。

PostgreSQLのインストールはhomebrewを使用させて頂きました。

  1. Homebrewをインストール、アップデートします。
  2. PostgreSQLをインストールします。

    2018年11月25日現在、PostgreSQL Ver.10.5がインストールされたようです。

既定でインストールされるデータベースのロケールは、en_US.UTF-8のようです。日本語ロケールのデータベースを作成しておこうと思います。


日本語ロケールのデータベース作成

  1. 既定のデータベースをリネームしておきます。

  2. 日本語のロケールが使用可能かどうか、確認しておきます。

  3. ロケールオプションつきでデータベースを作成します。

ネットワークアクセス設定

postgresql.confファイル

  1. postgresql.confファイルを編集して接続可能なIPアドレスとポート番号を設定します。

    最終行に次の2行を追加しました。

    この場合、すべてのIPアドレス(*)から接続できる設定になります。

pg_hba.confファイル

  1. pg_hba.confファイルを編集して認証設定を行います。

    最終行に次の1行を追加しました。192.168.123.0/24の部分は、ネットワークに合わせて適宜変更する必要があります。

    すべてのデータベース、すべてのユーザに、指定したIPアドレスからアクセスできる設定になります。

サービスの起動

  1. インストール時に表示されたメッセージを参考に、サービスを起動します。

コピペ用に停止・再起動も記載致します。

psql -lコマンドでデータベース一覧を表示すると、先程作成した日本語ロケールのデータベースを確認できます。


pgAdmin4のインストール

Webブラウザからデータベースの管理が可能になるpgAdminを動かそうと思います。

Homebrew caskでインストールが可能のようです。

アプリケーションフォルダにインストールされたpgAdmin4を起動すると、Webサーバとして動作するようです。

dockerを使用する場合は、次の手順になります。

  1. docker-compose.yamlファイルを作成します。

    次の内容になります。
  2.  docker-composeコマンドで起動します。

PostgreSQLの管理ユーザは、macOSのユーザになりますので、特に作成する必要はありませんでした。

データベースの管理は、コマンドラインの他に、pgAdminによるGUIでの操作も可能ですので、各種操作が簡単にできそうです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク