Mac OS XインストールからWordPressサーバ構築まで

普段使っているMac miniへOS Xを再インストールして、さらにWordPressを動かしました。

最低限必要なツール類と、WordPressサーバを構築する手順を記載したいと思います。

Mac OSXの再インストール

Command(⌘)+Rキーを押しながら起動し、「OS X 復元」から起動します。

yosemite-restart-recovery_mode-reinstall_os_xうちのMid 2011版のMac Miniは、復元インストールでMac OS X 10.7がインストールされました。

AppStoreを起動して、Hypervisor Frameworkが使えるEl Capitan(Mac OS X 10.11)にアップデートします。

elcapupgrade
elcapitan


Homebrewのインストール

各種ツールをインストールするために、homebrewとhomebrew caskをインストールします。

homebrewはこちらを参考に、ターミナルで次のコマンドを実行します。

/usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

homebrew caskは、こちらを参考に、次のコマンドにて。

brew tap caskroom/cask

ウイルス対策ソフトのインストール

homebrew caskを使って、何種類かウイルス対策ソフトをインストールできます。

ここではaviraをインストールしたいと思います。homebrewを使えば、インストールはコマンド一発で・・・。

brew cask install avira-antivirus

avira


WordPressのインストール

VirtualBoxが不要な「Docker for Mac」を使って、WordPressをインストールします。

こちらの記事の内容です。

さて、これで最低限、WordPressサーバとして使用できるようになりましたが。

最後にバックアップの設定を行います。


TimeMachineでバックアップを忘れずに

せっかくWordPressで貯めた記事が消失しないように、バックアップの設定を忘れずに行いましょう。

単純に、TimeMachineを使う方法が一番シンプルかと思います。

timemachine外付けのUSB HDDを接続してバックアップする方法もありますが、USBケーブルや電源ケーブル等が邪魔な感じです。

お勧めの方法は、Mac miniに、SSDとHDDの、合計2台のドライブを内蔵してしまう方法です。

1台目のSSDを、システムとサーバデータ用として。
2台めのHDDを、TimeMachineバックアップ用として運用します。

バックアップ速度も早く、快適かつ安全にサーバを運用できます。

ssdhddSSDの価格も、登場した当時よりずいぶん下がりました。
バックアップ用途の2.5インチHDD/9.5mm厚も、2TBが1万円台前半で買える世の中です・・・。


快適なWordPressサーバ・ライフをどうぞ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク