MacでRocketChatサーバ簡単構築

macOSにて、RocketChatサーバを構築したいと思います。

いつものDocker for Macを使用します。

Mac OS X 10.10.3(Yosemiteの2015年4月アップデート)以降が必要になります。El Capitan(10.11), Sierra(10.12)でしたら問題ありません。


Docker for Macのインストール

  1. こちらのページから、Docker form Macをダウンロードします。
    Stable channelが安定版になります。
  2. ダウンロードしたDocker.dmgを開きます。
    DockerをApplicationsにドラッグ後実行すると、インストールが始まります。画面の指示に従い、パスワード等を入力します。
  3. インストールが終了すると、画面上部にクジラ君アイコンが。
    お好みで「Send diagnostics & usage data」(統計と使用データを送信する)のチェックを外して、「Got it!」ボタンをクリックします。
  4. 再度、クジラ君をクリックして、「Docker is running」と表示されれば、Dockerが使用可能な状態です。

RocketChatのインストール

  1. ターミナルを開き、RocketChatを運用するためのフォルダを作成します。
  2. RocketChatのオフィシャルイメージサイトイントラネット内で動かす設定記事を参考に、docker-compose.yamlファイルを作成します。

    <IPアドレスを入力>の部分は、MacのIPアドレスを入力します。
  3. docker-composeを起動します。

    rocketchatやmongodbのイメージがダウンロードされます。
    しばらく待つとダウンロードが完了し、実行されるのですが・・・・
  4. docker-compose psでコンテの状態を確認すると。

    rocketchatのコンテナが、Exitで終了しているのですよね・・・
    最初の1回目はこうなるようです。
    docker-compose restart rocketchatでコンテナを再起動します。
  5. 再度、docker-compose psでコンテナが正しく起動しているか確認します。

    今度はStateがUpになり、正常に起動したようです。
  6. Webブラウザで、http://<設定したIPアドレス>:3000にアクセスします。
    どうでしょうか?ログイン画面が表示されましたでしょうか?

さて。

RocketChatが動作した続きとして。

次はRocketChatの中でhubotを動かしたいと思います。

ではまた!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク