homebrewがupdateできない時

その理由は・・・・

何かの拍子で、Xcodeが消えてしまったからでした。
YosemiteからEl Capitanにアップグレードすると、
Xcodeがアンインストールされるようです。
El Capitanにアップグレード後、改めて Xcodeをインストールすれば、
homebrewやhomebrew caskのinstallやupdateができるようになりました。

今回のアップグレードで
/sbinディレクトリに書込みできなるような変更もあったようですが。
うちの環境では、homebrew, homebrew caskで特に問題は出ませんでした。
osx純正のsambaではなく、homebrewのsambaを動かしていたのも、
アップグレード後も問題なく動いていて、Androidからも接続できましたし。

これからちょっとずつ、El Capitanを見てみますが。
マウスを左右にブルブルうごかすと、ちょっとおもしろかったです。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク