HDMIケーブルを帯域で分類

テレビやゲーム機といった、映像機器を接続するケーブルや端子。過去のものを含めると、色々な種類がありましたが。

2017年現在、一般的なものは。

  • PC関連はHDMIとDisplayPort。
  • PCの一部の用途でVGA端子。
  • テレビ関連では、HDMI。

HDMIやDisplayPortは、今現在も新しい仕様が策定されて、進化を続けている規格になります。

その影響もあり、HDMIケーブルは、新しい機器で古いケーブルを使うとトラブルが発生する場合があります。

原因と対策を、簡単にまとめてみたいと思います。


HDMIケーブルの種類を帯域幅で分類

HDMI規格は、こちらのHDMI公式ホームページに詳細が記載されております。

鍵となるポイントは3点。「帯域幅」と「イーサネット対応」かどうかそして「プレミアム対応」かどうか。

そのポイントでまとめると、5種類になります。

No.ケーブルの種類(帯域幅別)HDMIバージョン注意点
14.95Gbps対応1.0
1.1
1.2
1.2a
「スタンダード」
210.2Gbps イーサネット非対応1.3
1.3a
「イーサネット対応」と書いていないケーブルは、予約済み端子が配線されていない場合も。
310.2Gbps イーサネット対応1.4
1.4a
1.4b
「ハイスピード」「カテゴリー2」
「イーサネット対応」と明記してあるもの。
418Gbps対応2.0
2.0a
2.0b
「Premium HDMI cable」認証済みのものは、18Gbps, 4K、HDR対応。
548Gbps対応2.1規格策定済ですが、製品の発売はまだのようです。(2017年7月現在)

HDMIバージョンと機器の対応例

お使いの機器が、どの帯域に対応するか調べたいとき。機器のHDMIバージョンを調べる必要があります。

たとえばPlayStationと関連付けると、次の関係になります。

  • PlayStation 3 → HDMI 1.3 →10.2Gbps イーサネット非対応
  • PlayStation 4 → HDMI 1.4b → 10.2Gbps イーサネット対応
  • PlayStation 4 Pro → HDMI 2.0b →18Gbps プレミアム対応が必要

問題が発生するパターンの例

問題が発生するパターンは・・・

  • イーサネット対応ではないケーブルで、イーサネット対応機器を接続した時。
  • たとえば10.2Gbps対応のケーブルなのに、18Gbps対応機器を接続した時。

こう考えると、ずいぶん問題が整理されると思います。

上記以外の理由・・・接触不良や断線、端子の破損(メッキ部分がペロっとめくれる場合があります)等がありますが、これらは「機器の故障」ですので、修理・交換が必要です。

極稀に、機器の相性の問題もあるかと思いますが・・・(相性問題は、本当はあってはいけないのですが)

最近のポイントは「Premium HDMI cable」認証済みかどうか

トラブルが潜む、罠的なものは、PlayStation 3時代のイーサネット非対応のケーブルではないでしょうか。ハイスピード対応ですが、予約済み端子がつながっていない場合も。

また、ハイスピード対応、イーサネット対応、HDMI 2.0対応でも、18Gbpsに対応しないケーブルもあるようです。

「プレミアム」と記述されたものは、それなりの意味があるようです。今でしたら「Premium HDMI cable」認証済みのものを選べば、18Gbps対応であり、4K, HDR信号に対応しているそうです。

機器と適合するケーブルの同時購入がポイント

ディスプレイやテレビ、PCやゲーム機といったHDMI機器を購入する場合。その機器のバージョンに合ったケーブルを同時購入することで、帯域の保証が得られることになります。

また、昔と違って、最近のケーブルは細くて扱いやすくなりました。端子がめくれて壊れる事も減りました。

2017年中盤以降、策定が完了した、HDMI 2.1対応機器が登場するかと思います。その場合、48Gbps対応の機器とケーブルが登場するかと思います。

昔の「ただ映像が見られる」時代から。高解像度、高音質、高フレームレート化、色空間の拡張・・・そして3D、HDR、VR対応への進化・・・・次はどんな映像が楽しめますでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク