Docker for MacとDocker Toolboxは違うものらしい

いちばん大きな違いは

  • Docker Toolbox は、動作にVirtualBoxが必要。
    Mac OS X 10.10.3以前でも動作。
  • Docker for Macは、VirtualBoxが不要。
    Mac OS X 10.10.3 (Yosemite)以降で動作。

というところでしょうか。


Mac OS X 10.10にて、Hypervisor.frameworkが実装されました。これは、OSレベルで仮想化機能を提供する仕組み(フレームワーク)です。

Hypervisor.frameworkを使った仮想化ハイパーバイザとして、xhyveが作られました。
(FreeBSDの仮想化ハイパーバイザである、bhyveと関係があるようですが)

Docker for Macは、このxhyveによって実装されたDockerとツール群。ということになります。

逆に考えると、OS X 10.10以前では、そのような仕組みが提供されていなかったため、仮想化ソフトウェアであるVirtual Boxによって、Dockerを動かしていた感じです。


OSX 10.10以降を使っているのでしたら、私なら、Docker for Macの方を使います。

理由は、VirtualBoxの扱いづらさから開放されるためです。

もし、現在Docker Toolboxをお使いでしたら、Docker for Macをお使いになってみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク