docker-compseのRocketChatサーバへhubotを追加

前回、MacにRocketChatサーバをインストールしました。

RocketChatにチャットボットのhubotを追加したいと思います。


hubot用アカウント追加

  1. RocketChatにログインします。
  2. 管理をクリック。
  3. ユーザーをクリックして、画面右端の「+」をクリックします。
  4. bot用のユーザ情報を入力します
    パスワードは後でdocker-compose.yamlへ入力するので控えておいて下さい。
  5. 保存ボタンをクリックしてbotユーザを作成します。

docker-compose.yaml変更

  1. ターミナルを起動し、docker-compseを停止します。

  2. RocketChatのオフィシャルイメージサイトを参考に、docker-compose.yamlを編集し、hubotの設定を追加します。

  3. docker-composeを起動します。
  4. RocketChatへログインし、botが反応するか確認します。
    @bot helpを入力し、ヘルプが表示されれば、hubotが正常に動作しています。

スクリプトの追加方法

  1. docker-compose.yamlを編集します。

    試しに、EXTERNAL_SCRIPTS=にhubot-shipitを追加・・・
  2. hubotを再起動します。
  3. こんな感じに・・・・おもしろ画像は見てのお楽しみ。

    hubot起動時にEXTERNAL_SCRIPTSに記述したnpmパッケージをインストールしてくれるようです。

hubotのスクリプト

GitHubのHubot Scriptsが参考になるかと思います。

スクリプトによっては、docker-compose.yamlファイルにGoogle-API-Keyを記入する必要があるそうです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク