com.docker.hyperkitの負荷が300%近くに

どうもMac mini君が騒がしいと思ったら・・・

hyperkit%e6%9a%b4%e8%b5%b02016-10-06_114950

com.docker.hyperkitの負荷が、300%近くまで上がっておりました。

このような現象が見られましたら、過負荷の状態・暴走中・異常な状態だと思います。

ソフトウェアの動作への影響のほか、熱によるハードウェアへのダメージなど、結構な影響が出ますので、すぐに対応したほうが良さそうです。


さて。

インストール済みのDocker for Macのバージョンは、1.12.1です。

dockerversion2016-10-06_123900

使用しているOSは、macOS Sierrra 10.12です。

sierra

関連情報は、こちらのフォーラムに有りました。

さしあたり、Docker for macの設定から、「restart」ボタンをクリック。

docker%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%882016-10-06_115202

Docker再起動後の負荷は、このような感じに。

%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%88%e5%be%8c2016-10-06_115232


macOS Sierra, hypervisor.framework, Docker for Macともに。

現在は、まだ枯れたものではなく、発展中・進化中のものだと思います。

今のところは対処的になるようですが。

現象は、しっかりとフォーラムに報告されておりますので。

バージョンアップ待ち、という状況かと思います。

はやく予防的な対策が取られると良いですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク