高速なSDカードリーダーはUHS-II対応製品

近年、容量128GBのものが数千円で購入できるようになり、256GBや512GBの製品も目にするようになってきました。SDやmicroSDメモリーカード。

大容量化に伴い、転送が速いUSBカードリーダーが欲しくなります。

高速なカードリーダーは、USB 3.0以上対応が当たり前。これが最低限の前提条件になります。

その上で、SDメモリーカードの規格を考慮して、速いものがどれか?という問題になります。

SDメモリーカードの規格は複雑で、嵌まると面倒そうですが・・・。

ここは、要点のみシンプルに。転送速度の速いカードリーダーを選んでみたいと思います。


最速はUHS-II対応リーダー

UHS-II対応のSD・microSDメモリーカードは、通常のものよりも端子(電極)の数が多いようです。このため、理論的な最大転送速度は312MB/sになります。

UHS-II対応のリーダーの場合、UHS-IIのほかに、UHS-IとHS(ハイスピード)、NS(ノーマルスピード)すべてに対応し、それぞれのメモリーカードで高速転送が可能です。

いちばん転送が速いカードリーダーを探す場合。まずは、単純にUHS-II対応製品を選べば良さそうです。

Transend TS-RDF9K

2015年登場。USB 3.1 Gen 1対応のカードリーダーです。UHS-IIのSDメモリーカードに対応しています。製品紹介ページを拝見すると、Windows 10に対応しています。microSDは、UHS-Iのみ対応のようです。

※17.12.27追記:後述のmicroSDアダプターを使えば、UHS-II対応microSDも問題なく使用できるかと思います。

Kingston  FCR-MLG4

2015年登場。USB 3.0対応のSD・microSD対応カードリーダーです。製品紹介ページを拝見すると、Windows 10に正式対応しています。こちらもmicroSDがUHS-Iのみ対応のようです。

Sandisk SDDR-329-J46

2014年登場。USB 3.0対応のSDカードリーダーです。microSDの差し込み口は無く、SDのみ対応でシンプルです。UHS-II、UHS-Iに対応しています。メーカーの2年間保証がついています。

SONY MRW-S1

2017年4月登場の、USB 3.1 Gen1対応のSDカードリーダーです。こちらもSDの差し込み口1つのシンプルな製品です。国内メーカーで安心感がありますね。

Buffalo BSCR20TU3BK

2014年2月登場。USB 3.0に対応したカードリーダーです。3年以上前の製品になりますが、現行品となります。仕様を拝見したところ。SDの差し込み口はUHS-II対応と記述がありますが、microSDの差し込み口もUHS-IIに対応しているかどうかは、よく分かりませんでした。

ELECOM MR3-A007

2014年登場。レッド、ブラックの2種類がありますが、レッドは在庫限定のようです。SD差し込み口はUHS-II対応とありますが、microSDはUHS-I対応、microSDXCは別途専用アダプタが必要とありますのでご注意下さい。


UHS-II microSDアダプター

※17.12.27追記

UHS-II対応のmicroSDメモリーカードをお持ちの場合。

こちらのアダプターを使うと、UHS-II対応のSDカードリーダーで高速アクセスすることができるようです。


次に速いのはUHS-I対応カードリーダー

UHS-I対応のカードリーダーは、理論的な最大転送速は104MB/sになります。

2~3年前は、UHS-Iのみ対応のカードリーダーがありました。

近年、UHS-II対応製品が増えつつあります。上述のSONY MRW-S1が2017年4月に発売され、対応製品に動きがある感じです。

あえてUHS-I対応製品を選択する必要は無い感じが致します。


最も遅いのは(UHS非対応の)よくあるSDカードリーダー

安価に入手可能なSDカードリーダーの大多数は、UHS非対応のものかと思います。

USB 3.0や3.1対応のカードリーダーでも、UHS非対応では、実は十分な転送速度は得られていません。

私も使っていました。USB3.0対応なのに、UHS非対応のSDカードリーダー・・・。


あなたがお使いのSD・microSDメモリーカードはUHS対応?

現在、たとえば32GBや64GBのSD・microSDメモリーカードを購入しようとすると、UHS-I対応の「I」のマークが入ったものが選択肢に出てくると思います。

こちらの「I」またはUHS-II対応の「II」マークが入ったSD・microSDをお使いの場合。せっかくSDメモリーカードがUHS対応なのに、カードリーダーが対応していなければ、十分な転送速度が出せていない事になります。

microSDメモリーカードの具体的な速度の差は、こちらの記事をご参照下さい。


SDメモリーカードの動向

近年、転送速度624MB/sのUHS-IIIが策定され、対応製品が出始めるかと思います・・・と思っていたところ、違いました。

2016年に策定された「ビデオスピードクラス」対応のSD、microSDメモリーカードが登場しました。

ビデオスピードクラス90(V90)対応のSD・microSDカードは最低速度90MB/sが保証されていて、8K UHD解像度の映像に対応しています。

2018年2月現在、UHS-IIIと「ビデオスピードクラス」対応のUSB メモリーカードリーダーはまだ登場していないと思います。いまのところ、UHS-II対応のメモリーカードリーダーを選択しておけば、転送速度に問題は無いかと思います。

メモリーカードリーダーを買い換える際、UHS対応のものを選択してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク