自宅にVPN接続して自宅経由でインターネットを利用するには squid版

ご自宅にVPNルータを導入して、外出先から自宅内のネットワーク機器を使用する場合があるかと思います。

外出先にて、PCやスマートフォンでインターネットを利用する場合。自宅にVPN接続後、自宅を経由してインターネットにアクセスするような設定を行うことで、VPNによりパケットが暗号化されるため、パケットの覗き見対策、セキュリティの強化につながるかと思います。

その実現方法は何通りかあるかと思いますが。ここでは、VPN接続中でも、任意のタイミングで「直接インターネット接続」「自宅経由で接続」を切り替えられるように。

自宅のPCにプロキシサービスのsquidをインストールする方法を記録しておこうと思います。

※注意:自宅へのVPN接続はOpenVPNを使用致しました。他のVPN接続方法(IPSec/L2TP、PPTP等)ではうまく動作しない可能性も御座いますので予めご了承下さい。


Fedora 29のsquidインストール手順 snap版

自宅PCは、FedoraをインストールしたNUCを使用しようと思います。

クラウドストレージ(Nextcloud)や動画ストリーミング(Emby)サービスを動かしていますが、まだまだサーバ性能に余裕がありそうです。

Fedoraは最新版(2019年1月現在、Fedora 29)にアップグレード済みです。


インストールの全体的な流れ

次の流れになるかと思います。

  1. サーバ側(自宅PC)
    1. snapでsquidサービスをインストール
    2. ファイアウォールの設定を変更
  2. クライアント側(外出先で使用するPC)
    1. 現在のグローバルIPアドレスを確認
    2. プロキシ設定
    3. グローバルIPアドレスが変わる=自宅経由でアクセスできているか確認

squidのインストール

  1. Fedoraにログインします。rootで直接ログイン、sudoは省略致しました。
  2. snapをインストールしていない場合、次のコマンドでインストールします。
  3. snapコマンドでsquidをインストールします。

  4. squidサービスを実行します。

    既定の設定では、TCPポート番号3128でsquidサービスの待ち受け(LISTEN)が開始されると思います。詳細は次のコマンドで確認可能のようです。

  5. ファイアウォールの設定を変更して、外部からsquidサービスにアクセスできるようにします。

以上でsquidが動作するようになりました。

アクセスログ・キャッシュログは次のディレクトリに格納されるようです。tailコマンドでaccess.logを表示することで、squidの使用状況を確認できるかと思います。


クライアント側の設定

現在、「直接インターネットに接続」した状態かと思います。グローバルIPアドレスを確認しておくと、あとで「自宅経由でインターネットに接続」されたかどうか確認が容易かと思います。

※19.2.21追記:グローバルIPアドレスは、下記のサイト等で調べられるようです。

適切なグローバルIPアドレスの調べ方がわからないため、ここでは方法のご紹介は控えさせて頂きます。「グローバルIPアドレス 確認」等で検索してみて下さい。

Windows 10の場合、プロキシの設定は以下になります。

  1. 自宅にVPN接続します。
  2. スタートメニューで「プロキシ」と入力、「プロキシの設定」を選択します。
  3. 画面を下にスクロール、「手動プロキシ セットアップ」を設定します。
    1. プロキシサーバーを使う:オン
    2. アドレス:squidをインストールしたPCのIPアドレス
    3. ポート:3128
    4. ローカル(イントラネット)のアドレスにはプロキシサーバーを使わない:チェックオン
    5. 次のエントリで始まるアドレス以外に・・・:自宅を経由せずに、直接接続したいアドレスがあれば入力します。
  4. 「保存」ボタンをクリックします。

これで「自宅経由でインターネットにアクセス」する状態になりました。次の3つを確認してみて下さい。

  1. Webブラウザなどで、正常にインターネットにアクセスできるかどうか。
  2. グローバルIPアドレスが変わったかどうか。恐らくご自宅のルーターのグローバルIPアドレスと同じになるかと思います。
  3. squidのaccess.logにアクセス先のURL(アドレス)が記録されるかどうか。

squidのログですが、通信の内容は記録されませんが、アドレスはすべて記録されます。アドレス内にたとえばメールアドレスのような個人情報・機密情報が含まれる場合がありますので、取り扱いはご注意下さい。

VPNルータをお探しでしたら、よろしければこちらの記事を御覧ください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク