最低限動かしておきたいサービス

Raspberry Piに、USB Wi-Fiアダプタを挿して、電源ケーブルのみで運用されている方も多いと思いますが。
Raspberry Piで、いろいろと実験して遊ぶうえで、『最低限』どんなサービス(デーモン)を動かしておくのが良いのでしょうか?・・・・
本当に最低限ですが、他のPCから接続して使えるように、うちでは、次のようなサービスを動かしています。
  • ターミナル接続:SSH
    (Raspbianでは)標準で使えるので、特にアプリのインストール作業はしていません。
    Raspi君がいくら非力とはいえ、今更telnetは不要ですよね?
  • avahi-daemon
    SSHやVNCで接続するとき、IPアドレスではなく、ホスト名でつながるようになります。
  • X-Window システム接続:VNC
    tightvncを入れています。apt-getでインストールすると、設定を細かく入れなくてもすぐ使えて良いですね。
  • ファイル転送:FTP
    vsftpdを入れてみました。sambaでもファイルのやりとりはできると思いますが、接続に使うPCがMacなので、どうかと・・・うむむ。
  • 時刻同期:NTP
    これも、標準でインストールされるのですね。どこのNTPサーバにつないでるのかな・・・
まあ、必要に迫られてなんとなく入れている感じなので、「これがベスト!」とか「もっといいものがあるよ!」とか、そういう要因は入っていません・・・良いものがあれば、インストールしてみたいと思います。
ちなみに、うちでの運用形態は、下記のようなかたちです・・・
IMG_1643
カメラが内蔵できるケース+ミニ三脚+三脚用のスマホホルダーという感じです。
motionで監視カメラにしたり、タイムラプスで動画を撮ったりするのになかなか良い形態です。
そういえば、カメラが入る防水ケースは無いのでしょうかね?・・・
IMG_1645
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク