リモートデスクトップのWindowsファイアウォール設定

先日のWindows10 Fall Creators Updateを適用したあたりから。

いつの間にか、Windowsへリモートデスクトップ接続できなくなっていました。

「このコンピューターへのリモート接続を許可する」が有効にも関わらず・・・

以下の手順で接続できるようになりました。


Windowsファイアウォール設定変更

Windowsファイアウォールの「リモートデスクトップ」関連の設定が無効になっていました。次の手順で有効化します。

  1. コントロールパネル→システムとセキュリティ→Windows Defender ファイアウォールを開きます。左側メニューの「詳細設定」をクリックします。
  2. 「受信の規則」の中から「リモートデスクトップ」で始まる3行を選択します。右クリックメニュー→「規則の有効化」をクリックします。
  3. 緑色のアイコンが表示されて、リモートデスクトップのファイアウォール設定が「有効」になります。

これで以前と同様に、リモートデスクトップ接続ができるようになりました。

接続できない場合、ぜひWindowsファイアウォール設定を確認してみて下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク