ヘルプビューアーの表示がおかしいとき

こんな感じで、ヘルプの内容が正しく表示されないとき。

もしかして、Windows Server 2012 R2、または2012や2008等、サーバ系のWindowsをご利用ではないでしょうか?

その場合、次のように設定変更を行うと、正しく表示されるようになるようです。


  1. サーバマネージャを開き、ローカルサーバーを選択します。
  2. プロパティ欄を右にスクロールすると、「IEセキュリティ強化の構成」が「有効」になっていると思います。「有効」をクリックします。
  3. ヘルプビューアーを利用したいユーザが所属するグループの設定を「オン(推奨)」から「オフ」へ変更します。
    図では、Administrators, Users両方のグループを「オフ」にしています。
  4. 「OK」をクリックして変更を反映します。
  5. ヘルプビューアーを開いて、表示を確認してみて下さい。

本設定変更は、「Internet Explorerセキュリティ強化の構成」を無効にするものです。

このため、ヘルプビューアーの動作のみではなく、Internet Explorerの動作そのものが変わります。運用上、セキュリティの問題にならないかどうか、よくご考慮頂いた方が宜しいかと思いますので、ご注意下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク