【STL】Raspberry Pi Zero公式ケース用のフタ GPSモジュール内蔵可能版


Raspberry Pi Zeroの公式ケースで使用できるフタを作ってみました。

STLデータを作りましたので、公開させて頂こうと思います。


Raspberry Pi Zero公式ケースを利用する理由

公式ケースには、カメラモジュールを接続するための専用ケーブルが付属しています。

Raspberry Piのカメラモジュール/赤外線カメラモジュールを、Pi Zeroに接続できるようになります。カメラ用のケースのフタも同梱されています。

一方、Raspberry Pi Zeroにピンヘッダを使うと、カメラ用のフタが使えなくなってしまいます。

ピンヘッダとカメラと公式ケースを同時に使いたい・・・ということでフタを作ってみました。


対象の3Dプリンタについて

作成したSTLデータは、こちらの記事でご紹介させて頂きました、一般的なFDM方式の3Dプリンタを対象とさせて頂きました。

カメラマウントあり版

カメラモジュールの固定用に、M2x3のビスが4本必要です。

カメラマウントなし版


STLデータのダウンロード

FDM方式のプリンタ、ノズル経0.3mm、材質ABSを想定しています。

素人の作品ということで、至らないところが御座います。

そのあたりは改良/改造してご利用頂けますと幸いです。


著作権情報など

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

  • 作品名1
    • Raspberry Pi Zero and GPS module cover STL for Official Case.
  • 作品名1の該当ファイル
    • PiZeroCaseCover.stl
    • PiZeroCaseCover.png
    • PiZeroCaseCover1.jpg
    • PiZeroCaseCover2.jpg
  • 作品名2
    • Raspberry Pi Zero and GPS module cover with camera module mount STL for Official Case.
  • 作品名2の該当ファイル
    • PiZeroCaseCoverWithCamera.stl
    • PiZeroCaseCoverWithCamera.png
    • PiZeroCaseCoverWithCamera1.jpg
    • PiZeroCaseCoverWithCamera2.jpg
  • 公表年
    • 2018
  • 著作者の名前
    • 日記というほどでも(http://denor.daa.jp/)

本ブログに掲載された上記の作品以外のファイル(文書、画像等)は、本ページに記載されたライセンスの適用範囲外となります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク